今すぐお金借りる

今すぐお金が必要なのに手元にまとまったお金がない!
こんな場面に遭遇したこと、誰でも一度はあるかと思います。

金額がそんなに大きくなく、家族や身近にもしお金を貸してくれる人がいれば一番良いのですが、この不景気の時代ですからみんなそれぞれ苦しいのではないでしょうか。

そのようなときは仕方がありませんが、消費者金融や銀行などからお金を借り入れるしかありません。
でもたいていそのようなお金を貸してくれるところでは借り入れ前の審査があり、まずはその審査に通るかどうか、そしてうまく審査をパスできたとしてもその審査に要する時間が長かったり実際にお金が振り込まれるまでが時間がかかったりしますね。

最近では『即日融資可能』と広告している消費者金融などもありますので、もし今すぐお金が必要なんだという場合には即日融資をしてくれる会社を選ぶ以外には道はありません。

では即日融資とうたっているところでお金を借りるとしましょう。
ここでひとつ、注意しておきたいのが、必ず誰しもが借り入れを申し込んだその日(即日)に借り入れした金額のお金を手にできるというわけではありません。

あくまでも『即日融資』とは、借り入れを申し込んでから実際に審査が完了するまで、そこまでが『即日』だという意味なのです。
ですので審査が申し込んだその日に完了したからといって実際に現金をその日に手にできるわけではないのです。

ですが14時までに借り入れの申し込みをしておけばその日中に入金してくれるなど、その会社によってルールが変わってきますので、借り入れの申し込みをする前に細かくチェックしておきましょう。

さて、即日融資可能とうたっている会社からお金を借りることにします。
まずしなければならないことは、どこの会社から借りるのか、金利はどこが安いのか、しっかり下調べをしておくこと。

お金を貸してくれる会社には大まかにわけて信販系カードローン会社、銀行系カードローン会社、そして消費者金融系カードローン会社の3種類があります。
それぞれメリット、デメリットがあり、なんとなく『消費者金融』と聞くと金利が高く取立てが厳しい、危ない、などのイメージがありますし、『銀行系』と聞くと金利は安いが審査が厳しい、などのイメージがありませんか?

確かに銀行系は金利が安いですがその代わり審査が厳しいというような話も聞きますし、消費者金融は比較的審査が甘めではありますが金利が若干高めだったりします。

借り入れの前にしっかり金利等について勉強しておく必要があります。
また即日融資の原則として、安定した収入のある20歳以上、そして基本的に他社からの借り入れが無いことが条件です。
(借り入れがあったとしても50万程度までに。)

今すぐお金を借りるのであれば、まずご自身に他社からの借り入れが無いこと、安定した収入のある20歳以上だということ、
そして数社ある会社の中から1社に絞り込んで借り入れ申し込みをするワケですから、しっかり金利や支払い方法について学んでおくことが大切です。

更新履歴